自作PC(パソコン)パーツ販売のPCどすこい
カゴ
※8月22日 臨時休業のお知らせ

◆マザーボードの選び方


 当店では多数のマザーボードを取り扱っており、種類も様々です。
目的としているマザーボードをスムーズにお選び頂けるように今回は例として
CPU『Core2Duo E6750』に合うマザーボードを選んでみます。

 CPUに『Core2Duo E6750』を例に挙げた理由は、古いPentiumDやPentium4の高クロックCPUの
値段とそう大差ないからです。
もちろん手元に愛着のあるパーツ類があるならPentiumD、4等の選択もありですが、
新しくパソコンを組むならCore2シリーズを選んだほうがいいでしょう。
マルチコアの凄さを体感すべくまずは対応のマザーボードを探してみましょう。

☆Core2Duo E6750に合うマザーボードを探す

マザーボードの選び方
それではいざマザーボード選びのシュミレーションに入りましょう。
図1を参考に(クリックすると大きな画像になります)目的のマザーボード詳細ページまでたどり着きましょう。
図2は今回例として決めたE6750の詳細です。

まずPCどすこいのTOPページ左上にある「主要PCパーツ」 から「マザーボード」をクリックします。
マザーボードの選び方
図1
 
マザーボードの選び方
マザーボードの選び方
図3
マザーボードのソケット、メーカなどのメニューに分かれています。
今回はソケットから入っていきましょう。

まずE6750のソケットを確認します。
図2の「ソケット欄」を見ると775となっています。
マザーボードもソケット775に対応する物を選べば良いということなので「intel CPU 対応マザー」下の「Socket T(775)」をクリックし、 ソケット775のマザーボードリストのページへと跳びます。
マザーボードの選び方
マザーボードの選び方
図4
「SocketT(775) マザーボード」のリストが出てきます。リスト名「Core2Quad対応マザー」「Core2Duo対応マザー」 のリストにあるものでしたらE6750の使用が可能ですので、このリストからマザーを探します。

E6750はCore2Duoですが、上位機種Core2Quadに対応するマザーボードならCore2Duoもカバーしますので問題な く使用できます。(その逆は不可)

ここではスタンダードなASUS製の「P5K」を選んでみましょう。
マザーボードの選び方
P5Kの詳細ページです。 ここで再確認をとります。
図6のようにCPUとマザーボードのソケットが同じであることと、CPUのFSBをマザーボードがカバーしている 事を確認して下さい。  (※ソケットトTは775と同じことです)
「対応CPU」欄に選んだCPUのモデル名が記されていることが大前提なのでお忘れなく!!!

サイズにも注意が必要です。小さなPCを作るなら「micro ATX」、一般的な大きさのPCなら 「ATX」と用途に応じて選びましょう。
P5Kの規格はATXなのでミドルタワーなどの大き目のケースに入れることになります。

「カゴに入れる」ボタンを押して「P5K」をカートに入れればパーツ選びは完了です。
マザーボードの選び方
マザーボード詳細 図5
マザーボードの選び方
マザーとCPUの項目確認 図6