自作PC(パソコン)パーツの専門店 PCどすこい
自作PC(パソコン)パーツ販売のPCどすこい
カゴ
PCどすこいのトップ > 特集記事 > メモリ増設 チャレンジガイド
1.メモリを増設してスペックアップ

メモリとはつまるところ何なのでしょうか。パソコンは主にCPU、メモリ、HDDで構成されています。
それぞれ
・CPUは仕事をする人
・メモリは作業をする机
・HDDは書類を保管する本棚
といったところです。
そうであれば当然、机=メモリが多いほうが同時にこなせる仕事の量もふえ、快適になるはずです。
もう古いパソコンだけど買い換えるにはもったいないとか、今の環境のままでもう少し早くならないの?
といった場合には試してみる価値はおおいにあります。

メモリをふやすと
・ Windowsの起動が早くなる
・ 動画や画像ファイルの読み込みも快適に
・ アプリケーションを複数立ち上げても動作が軽い
というメリットが出ます。
取り付けも基本的にドライバ一本でできます。

2.メーカー製メモリとノーブランドメモリの違いって?

メーカー製メモリ
BuffaloやI-O DATAであればメーカーホームページに対応するパソコンの型番がばっちり書いてあります。
保証期間が長く5〜6年や永久保証などがあります。
対応表に載っていて動作しない場合はメーカーに交換依頼が出せます。
メモリ基盤が厚く作っていたり、ノイズに強いなど品質がよいです。
価格はノーブランドに比べて高くなります。
以上のことからメーカー製のパソコン向けです。

ノーブランドメモリ
価格が安いです。
保証は初期不良1週間のみです。
メーカー製のパソコンとの相性テストなどはされていません。
自作パソコン向けです。
上記のことから自作パソコンでメモリの基本的な知識がある方はノーブランドメモリ、メーカー製パソコンユーザーや品質の高いメモリをお探しの方はメーカー製メモリをお勧めします。

3.増設したいけどどうすればいいの?
自作パソコンのメモリをアップグレードする!
SONYやNECなどのメーカー製デスクトップパソコンのメモリをアップグレードする!
SONYやNECなどのメーカー製ノートパソコンのメモリをアップグレードする!

とりあえずどんなメモリがあるか見てみる